【SHOWROOM OPEN】詳しくはコチラ

お財布新調のラッキーデー


数少ない財布の買い替え、せっかくならとっておきの日に新調したいですよね。
実は日本には、1年のうちに財布を買い替えるのにぴったりの”縁起の良い日”が存在します。
そんな吉日に財布を変えると運気が上昇すると言われており、
複数の吉日が重なる、特に縁起が良いとされているラッキーデーは年に数回しかありません!


中でも最強の日、それが・・・


3月31日(水)
天赦日+一粒万倍日+寅の日 が重なるラッキーデー!

3月31日は、最上吉日とされている「天赦日」、金運が倍になるとされている「一粒万倍日」、
さらには金運を招くといわれる「寅の日」が重なる日!
財布の買い替えを考えている方は、ぜひこの日を選ぶのがおすすめです。



「天赦日(てんしゃにち)」とは、日本の暦の上で最上の吉日とされている日のこと。
1年のうちに5~6回ほどしかなく、貴重な縁起の良い日とされています。
「万(よろづ)よし」とも呼ばれるように何を始めるにも良い日とされており、
この日始めることは何をやってもうまくいく、という意味があります。

▽2021年の天赦日
1月16日、3月31日、6月15日、8月28日、10月27日、11月12日


「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」は『一粒のもみが万倍にも実る稲穂になる』という由来から、
手元にあるわずかな物事でも始めれば何倍にもなるという意味があります。
物事をスタートさせるのに縁起の良い日です。

お金を出すことにも良い日ということで、財布を使い始めたり新調するのに縁起が良い日です。
毎月4〜5日訪れる一粒万倍日ですが、他の吉日と重なると一粒万倍日の効果が倍増すると言われています。


「寅の日」とは、十二支の寅にあたる日で、12日ごとに巡ってくる吉日です。
虎の身体の模様である黄金の縞模様は、金運の象徴とされています。
また、『虎は千里往って千里還る』ということわざにあるように、
虎は一日に千里の道を進み、またその千里の道を戻ってくるということから
「出て行ったお金を呼び戻してくれる」と金運にいい日と言われています。毎月2〜3日訪れます。




他にもお財布の使い始めにパワーを得る方法としては、
「満月の光にかざす」や、「神社で参拝する」なども言われています。
“良い”ことはしておきたくなりますよね。


3月31日まで2週間。 ぜひGENTIL BANDITで最強のお財布をゲットしてください☆
▶︎WALLET一覧    ▶︎ミニウォレットにおすすめ!マルチカードケース



\ 随時更新中 /
GENTIL BANDIT ▷Twitter ▷instagram

STAFF.(A)